PMS中の仕事のミスとは

月経前症候群(PMS)と呼ばれ、日常生活にも大きな影響を与える生理前の身体的症状や精神的症状。PMSに関しては月経のある女性の実に約70%が何らかの月経前症状を持っているとされていて、中にはPMSによる仕事中のミスでキャリアのステップアップに躓きが生じることもあるのです。今回お届けするのはあなたが日々をより良く過ごすためのPMSの治療情報。サイト情報をきっかけにあなたのPMS症状が改善していきますように!

まずPMSの症状にはどのような症状があるのでしょうか?主なPMSの症状は身体的症状と精神的症状に分かれます。主な身体的症状は「下腹部痛、頭痛、肩こり、乳房の張りや痛み、肌荒れ、むくみ」。また主な精神的症状は「イライラ、注意力の低下、不眠、精神的不安定」と言われています。こうした症状は毎日の集中力を不足させ、日常生活の中の流れを停滞させたり、それだけでなくより集中力を要する仕事でも集中力が維持できずミスを招いてしまったりするのです。

こうしたPMSの症状がでてくる大きな原因の1つには「セロトニン」と呼ばれる脳内のホルモンが不足することが挙げられます。PMSが起こりやすい時期は女性の月経サイクルの中でも黄体期と呼ばれる時期で、女性ホルモンの1つ、プロゲステロン(黄体ホルモン)が増える時期です。このプロゲステロンは脳内のセロトニンを抑制するので、黄体期の女性の体は通常期よりどうしてもセロトニンが不足するのです。

セロトニンは心の安定にとって欠かせないホルモンなので、セロトニンが不足するとPMSの症状の中でも精神的な症状が強く出る傾向があると言われています。また体内の鉄分不足が起こりやすいダイエット中にはよりPMSの症状が重くなりやすいと言われているので、できるだけ栄養バランスの整った食事を摂ることが大切です。

Copyright © PMS中はミスをしてしまう?. All rights reserved.